だらだらゲーム日録

攻略とかプレイ日記とか

よるのないくに2 ~新月の花嫁~

【よるのないくに2】カミラ博士と血の奉納【プレイ日記#6】

更新日:

ども!プレーン加糖です。

さっそく前回の続きから遊んでいきましょう!

※注意!
この記事はネタバレを含みます

カミラ博士と血の奉納

ホテルに帰還後、カミラからメンテナンスルームに呼び出されたアルーシェ。

アルーシェ
「博士……この服は……!?」

なんてえっちな服を着ているんだ、アルーシェ君は。

カミラによると人口半妖はまだ確立されていない技術らしく、定期的に調整する必要があるそうだ。

蒼い血を体内に残したままにしておくと、そのうち妖魔化してしまうようだ。

カミラ
「しかし、その服を通して蒼い血を抜き出し加工すれば、半妖の体を強化できるんだ」

なるほど、『血の奉納(デスダン)』をするわけか!

そういえば前作でもアーナスが血の奉納を行うときにえっちな服着てたよな!(よるのないくにpart4)

 

ということで、さっそく血の奉納を試してみる。

今作では棺の中で儀式を行う模様、前作よりは近代的?

アルーシェは、邪妖を倒した時に得られるBlood(蒼い血)を奉納することでレベルアップしていく。

また、レベルアップした際に取得できるAbilityPointでアビリティを取得することが可能。

こういうのって何から取得していくか迷うよね…

さらにさらに、メンテナンスルームでは従魔Pointを使用し従魔の強化・転生も行えるぞ。

血の奉納を終え、棺から出たとたん膝をついてしまうアルーシェ。

膝に矢でも受けたのかな?

どうやら赤い血が足りていないご様子。

カミラ
「私で渇きを抑えるといい」

首に噛みつくようアルーシェを促すカミラ。

最初は戸惑っていたアルーシェだったが、やがて血の欲求には逆らえずがぶりっ……

そんな光景をタイミング悪くルーエに目撃されてしまう。

まさに家政婦は見た状態ですな。

ちなみにアルーシェが半妖化したことは、ルーエにはまだ伝えていなかった。

 

翌日。

意気込んで自室から出たところでルーエと遭遇。

ルーエ
「アル、お前……」
「くそっ!」

昨日の光景がよっぽどショックだったようだな。

本人は「一人にしてくれ…」と言っているが、管理人が連れて行きたいので容赦なくパーティに編成していくぜ!

巫女の影

ということでリリアーナ捜索再開!

ギクシャクしてたので少し心配だったが、一歩戦場に足を踏み入れればこの連携技よ!

さすが幼なじみやで!

 

廃都ユーラルムの奥のほうでリリアーナと思しき人影を発見!

が、しかし……

こんな時に限って跳ね橋があげられていて向こう岸に渡れない…!

RPGあるあるだね!

アルーシェが大声で呼びかけてみたものの、その声はリリアーナには届かず。

しかたないので迂回路を探してなんとか向こう岸を目指すことに。

 

今回はここまで!

はたしてアルーシェはリリアーナに追いつくことができるのでしょうか?

それではまたプレイ日記#7でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

記事下広告336px


記事下広告336px


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-よるのないくに2 ~新月の花嫁~

Copyright© だらだらゲーム日録 , 2016-2018 All Rights Reserved.