だらだらゲーム日録

ゲーム情報・攻略・プレイ日記を中心にいろいろと…

よるのないくに

【よるのないくに】 指輪の真意 【プレイ日記 part13】

更新日:

ども!プレーン加糖です。
さっそく前回の続きから遊んでいきましょう!

和解

ホテルに帰ってきたアーナス。

アーナス
「指輪と一緒に過去と決別した――」

「やっと意味がわかった」
「君が私に指輪をくれた、あの時の言葉の意味が――」

これは指輪の中にしまわれていた写真らしい。
おそらく寄宿舎時代のものかな?

リュリュはアーナスとの思い出と決別するため、この指輪を渡したようですね。
聖女の義務を果たすという決意”が揺るがぬように。

指輪に関してはいろいろ勘ぐったけど、蓋を開けてみればすごくまっすぐな理由だったな。

アーナス
「それでも、私は君を守るよ」

リュリュ
「わたしは聖女の末裔なのよ?」

「半妖という理由だけで、あなたを戦いの道具として利用してきた教皇の一族のひとりなのよ?」

「そんなわたしを守る必要なんかないわ!」

リュリュはずっとそのことを負い目に感じていたんですね。

アーナス
「しょうがないじゃないか」
「君に感じる友情は、本当のことなんだもの」

リュリュ
「わからずや!」


アーナス
「どっちがだよ」

女の子同士っていいですね(笑)

リュリュに指輪を返すアーナス。
ただ返すだけじゃなく指に嵌めてあげるところがイケメン。

アーナス
「『夜の君』を倒すよ」

リュリュ
「そんなの無理だわ」

アーナス
「それでもやるんだよ」

ここでアーナスが指をパチッと鳴らすと…

ミュージックスタート!

演出がクサすぎてにやけてしまうんだけどww

アーナス
「踊ろう」



幸せそうだな、おい。
でも喧嘩別れにならなくて本当に良かった…

 

 

“親愛なる我が妹へ――”

“人間と妖魔がかかわると、
ろくなことにはならんが、今回は幸運だったな”

“教皇庁は
自分たちの手柄として吹聴するだろう。
言いたい奴には、言わせておけ”

“くれぐれも、裏切るなよ。
妹思いの師兄より――”

 

 

それにしてもミラダが半月まで戻ったのはなんでだろう?
まさか二人のやり取りが『夜の君』の心を動かしたなんて言わないよな?


 

どんな熱い夜を過ごしたのだろうか…(混ぜて欲しかった)

腕組んで歩いてるのは久しぶりに見たな。
掲載してないけどおそらくpart1以来じゃないかな?

有角教授
「ったく!いい気なもんですね!」

ホテルの雰囲気最悪だったもんなw

ロイド
「ま、女の子は笑ってるのが一番だ」

支配人
「当ホテルの雰囲気に関わりますので、切実な問題でございました」

他の客見たことないけどね(笑)

ゲーム内の用語集によると、招かれざる者は『ホテル・エンデ』にたどり着くことが出来ない仕様らしい。
ってことは“偽物”も別に悪いヤツではないのでは?

谷間を見せて男性陣のご機嫌を取るリュリュ(違う)

二人の幸せオーラに当てられて忘れそうになるけど、何にも解決してないんだよな…

相手は死ぬ

保護したはずの従魔がいつの間にかいなくなっているらしい。

そこへリュリュがやってくる。

リュリュ
「みんなー!」
「おやつのカップケーキですよ!」

支配人
「(やはり!)」

アーナス
「(やっぱり殺られたんだ!!)」

リュリュのノート 7


っレイヴンの羽根

 

今回はここまで!
またpart14でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

記事下広告336px


記事下広告336px


(´・ω・`)おすすめよー

1

魔女の泉3 攻略ページTOP>イラストコンテスト ども!プレーン加糖です。 今月4日から『魔女の泉』シリーズのイラストコンテストが開催されていますよ! 『魔女の泉』イラストコンテストの詳細 イラ ...

-よるのないくに

Copyright© だらだらゲーム日録 , 2016-2017 All Rights Reserved.