だらだらゲーム日録

ゲーム情報・攻略・プレイ日記などをだらだらと綴る

よるのないくに

【よるのないくに】 『夜』の裏切り 【プレイ日記 part10】

更新日:

ども!プレーン加糖です。

さっそく前回の続きから遊んでいきましょう!

新たな指令


3章突入です!

タイトルが悲しすぎるんだけど…

支配人
「お嬢様、『あの御方』に変わり、新しい指令をお伝えします」

今回の指令はある妖魔との接触らしい。

どうやらその妖魔は『夜の君』の封じ方について何か知っているようだ。

指定された場所を聞くとすぐさまホテルを出ていくアーナス。

『夜の君』はたしか“暗き夜と遍く妖魔を統べる者”だったはず。

自分の主を売るようなことを妖魔がするのか?罠じゃなければいいけど…

ルースワール歌劇場』へやってきたアーナス。

なかなか雰囲気があるところだな。

バルコニーでロイドを発見。

このゲームはダンジョンに人がいることがほぼないからなんか新鮮。

というか、何でこんな所にいるんだろう?

途中で黒猫と合流。

「ついて来い(猫語)」と言われたので後を追うと、以前遊園地で出会ったクリスちゃんを発見。

アーナス
「教皇庁と接触する予定の妖魔って、あなたのことなの?」

アーナス
「教皇庁の都合なんて知らない」
「ただ、私は夜の封じ方を知りたいだけ」

クリス
「それを聞くあなたは、人間かしら――?」
「それとも妖魔かな――?」
「いずれにせよ――」

「試す必要がありそうだな!」

ダンディな邪妖(蒼血伯爵ロジエ)を召喚するクリスちゃん。

めちゃくちゃ弱かった…

part2でアクチュアライズしたソフィアちゃんにとどめを刺される伯爵の画。

クリス
「ならば、聞かせて」
「あなたは、『夜の君』についてどこまで知っているのかしら?」

どっちも正解だと思う(未確認)けど、上を選択。

アーナス
「妖魔の多くが、水や風や闇から生じたように『夜の君』も夜から生じた、夜の化身――」

今更だけどアーナスはそんな奴を相手にしようとしてるのか…

クリス
「そんな奴が、再び力を持っては、我々も、自由を奪われてしまうのだ」

でもクリスちゃんって純血の妖魔だよね?

何か問題でもあるのかな?

聖女を犠牲にする以外の方法を尋ねるアーナスだが、突然クリスの様子がおかしくなる。

彼女に群がる大量の黒蝶。

どうやら彼女の体を流れる『蒼い血』が『夜』への裏切りに気付いたらしい。

クリス
「だが、言わねばならぬ」
「夜は……、封じるのではない……」

 

「夜は……倒すしかない」

 

そう言い残しどこかへ転移するクリスちゃん、大丈夫なのかな?

それにしても『夜の君』を倒すだと…?

ちょっと剣で貫いただけで世界中に『蒼い血』をまき散らすようなヤツだぞ?w

800年前の二の舞になるのでは?(汗)

そして『名を呼ぶ者』コーリンとはいったい…

亀裂

ホテルのスイートルームへに戻ってきたアーナス。

リュリュは先に眠ってしまったようだ。

と思ったら、とつぜん起き上がりアーナスに掴みかかるリュリュ。

寝たふりしてたのか?カワイイな。

アーナス
「友達と遊んできたんだろう?」
「嫌なことでもあったの?」

いやいやお前を心配してんだろうがw

こういうところは鈍感なアーナスちゃん。

リュリュ
「黒猫ちゃん、盗ったくせに!」

え?友達って黒猫のことだったのか。

そういえばだいぶ前に猫の集会に参加してたなw

噛まないで言えるか試してみたけど、独りで「にゃあにゃあ」言ってる自分が気持ち悪すぎて途中でやめた…

このあと『夜の君』のことで言い争いになり部屋を飛び出してしまうリュリュ。

 

~翌日~

 

ロビーでいつものようにみんなに紅茶を淹れるリュリュ。

リュリュ
「どうぞ、ごゆっくり」

なんでだろう…こっちの方が違和感ないな。

それにしても昨日のことでかなり怒っているみたいだな…

有角教授
「なんですか?」
「あーたたち、朝っぱらから痴話喧嘩ですか?」

バーロー、余計なことを言うんじゃ…

ほら、いわんこっちゃない…

早く仲直りしてくれ(切実)

でもこういうときってだいたい仲直りする前に離れ離れになっちゃうんだよな…

ハニードロップ

※二人が喧嘩する前のお話

リュリュが新しいレシピを発明したらしいのだが、どうやら材料が足りないらしい。

材料が足りないままの方がいいと思うんだけど(震え)

一応訊くけど何を作るつもりなのかな?まさかカップケーキ…?

どんまい、アーナス!

まさか主人公が3章で離脱するとはな。

 

あっ!『さよならの準備ってこのことか!(違う)

 

アーナス
「それで、何がほしいの?」

ということでさっそくお花摘みに。

全然関係ないけどお嬢様はトイレに行くことを「花を摘む」って言うんだろ?

じゃあ花を摘みに行くときは何て言うんだろう?

どうでもいいわ。

ハニードロップ』は旧伯爵邸ローズガーデン外苑で採れます。


嬉しそうだけど、それを見つけてしまったということはカウントダウンが始まったということだぞ…?

ホテルに帰ってリュリュに『ハニードロップ』を渡す。

リュリュ
「ねえ、アーナス様」
「新しい紅茶、飲んでいかない?」

死の宣告キター!

眠くなるっつっても“永眠”のほうだけどな…

ホテルにいる全員がアーナスたちのやり取りを固唾を飲んで見守る。

支配人
「(お嬢様、決断の時でございます――)」

アーナス
「う、うん……わかった!」
「の、飲むよ!飲む!うん!」

 

~数分後~

 

リュリュ
「じゃーん!」

見てくれこの笑顔を!

しかし直前でトレーを落としてしまうリュリュ。

リュリュ
「せっかくおいしくできたのに……――!」

見ているこちらが悲しくなるほど落ち込むリュリュ。

これならアーナスの胃が殺られた方がマシだったかもしれない…

しかも割れた破片で手を切ってしまったようだ。

リュリュの血を見て動かなくなってしまうアーナス。

ああ…アーナスの吸血欲求が…

リュリュ
「アーナス様、あのね……」

リュリュに呼ばれ我に返るアーナス。

リュリュ
「これ、チョコレートティーに使った『幻のチョコの欠片』なの」

『幻のチョコの欠片』ってなんだよw

まさか教皇庁の指示で自分の血を混ぜてたりしないだろうな?(汗)

そのやり取りを無言で眺める黒猫。

 

今回はここまで!
またpart11でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク







(´・ω・`)おすすめよー

1

  【公式サイト】 よるのないくに2 ~新月の花嫁~ 公式サイト 【公式Twitter】 ガストちゃん Twitter 目次1 攻略2 プレイ日記3 その他 攻略 ミュベールの状態異常系クエ ...

2

ども!プレーン加糖です。 今日は、先月31日から昨日10日にかけて『アイドルマスター シンデレラガールズ』内で開催されていたイベント『アイドルプロデュース 夏島☆シーサイドLIVE!!』の話題。 今回 ...

-よるのないくに

Copyright© だらだらゲーム日録 , 2017 All Rights Reserved.