だらだらゲーム日録

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます┏○

フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~

【フィリスのアトリエ】 ライゼンベルグに到着! 【プレイ日記 part18】

更新日:

ども!プレーン加糖です。
さっそく前回の続きから遊んでいきましょう。

あとちょっと...!

フィリス
「うわぁ...!」
「リア姉、見て!」

リアーネ
「ついに、ここまで来たのね...」

いや~長かったような短かったような。
あとは無事公認試験に合格できるかどうかだな...

受かれば自由に外出できる。
落ちればエルトナに強制送還されて一生洞窟暮らし。

フィリスちゃんのためにも頑張らねば...!

大都会・ライゼンベルグ

都会怖い

大声ではしゃぐフィリスを注意するリア姉。

???
「あのー、すみません」
「もしかして公認試験を受けに来た方ですか?」

そこへおでこがチャーミングなお姉さん登場。

彼女はナンナ・トレンメルさん。

ナンナ
「確認なのですが...」
「試験の受付は済ませましたか?」

どうやら公認試験を受けるためには、この町の中央にある庁舎で受付を済ませておかないといけないようだ。

初耳なんだが...
ここで彼女に会ってなかったらエルトナ永住だったな。

ありがとうナンナさん!

ナンナ
「ええ、あ、最後にこれをどうぞ」

え、自分のお店の宣伝…?
もしかしてそのためにフィリスに近づいたのか(笑)

リア姉
「ナンナさん...あなどれない人だわ...」

ナンナのお店

ナンナのお店にやってきたのだが...

レジ前は他の客でいっぱい。
お店が空くまで待つことに。

 

~~

 

ようやく落ち着いてきたようだ。

ナンナ
「...あら、フィリスさん?」
「リアーネさんも!」

こちらに気付いた模様。

待たせたお詫びにと「妖精の日傘」をフィリスちゃんにプレゼントするナンナ。

なんというサービスの良さ...
ライゼンベルグで一番の人気店というのも頷ける。

純潔のフローラ

ついでに少し商品を見ていくことに。

この服は著名な仕立師が手がけた洋服で、過去にはアダレットの品評会で優勝したこともあるそうだ。

仕立師?アダレットの品評会?
え...もしかしてこの服、前作に出てきたレオンが作った服なのか!?

そのお値段、なんと2万コール
この時点では結構な額だ...

 

~後日~

 

試験日まで余裕があったのでクエストこなして2万コール貯めてきましたよ。

さっそく購入!
(そんな金があるならさっさとアングリフさん雇ってやれよ...)

一気に貧乏になったが、フィリスちゃんのカワイイ姿が見れるなら大したことないよなァ!?

ナンナ
「試着室はこちらになりますよー」
「1名様、ごあんなーい...」

お、さすがナンナさん!段取りがいいね!

 

~数分後~

 

さて、それでは登場していただきましょう!せーの...

フィリスちゃーん!

あら~かわいい~(毎回同じこと言ってんな)

リア姉も大絶賛!だったのだが、当のフィリスはというと...

フィリス
「え、かわいい...?」
「えっと...大人っぽかったり...しない?」

どうやらフィリスちゃんは大人っぽく見られたいようなのだが、そのことに気付かないリア姉は、

リア姉
「お洒落なお洋服でもかわいく着こなしちゃうのが、フィリスちゃんの魅力ね!」

フォローしておくが嫌味ではなく本心で言っている(笑)

フィリス
「もう知らない」
「...リア姉のばか」

拗ねてお店を飛び出してしまうフィリス。

取り乱しながらすぐに妹を追いかけるお姉ちゃんww

ナンナ
「ふふっ...」
「お買い上げ、ありがとうございまーす」(小声)

ちなみにこの『純潔のフローラ』を着ていると、ショップでの買値が下がり売価が上がる

シスターなのにお店番?

町の南の方へ行くとどこからともなく声が。
このゆるふわボイスはもしかして...

ああ、やっぱりパメラだったw
たまたま夜中にイベントが発生したということもあり、かなり寂しいシーンに(笑)

前作ではキルヘン・ベルの協会にいたのだが...何故ライゼンベルグへ?

まあ公式サイトのキャラ紹介で見ちゃって知ってるんだけど、何とも鈍くさい理由でしたw

試験の受付

試験の受付を済ませるために庁舎へやってきた二人を出迎えてくれたのが...

エーデル・ハンクシュタイン
彼女はライゼンベルグの町長であり公認試験の試験官でもある。

やっと会えたな...
実はプレイ前から公式の立絵がすごくお気に入りで早く会いたかったんだ。
衣装が管理人の好みなんだよなぁ...
(公式サイト:エーデルの立絵)

ライゼンベルグでは代々錬金術を重んじているらしく、歴代の町長もみな錬金術士なのだとか。

もちろん彼女も公認の錬金術士だ。

エーデル
「あら、そう?」
「あなた、なかなか見所がありますわね!」

ちょろいなw

さて、自己紹介もほどほどにしてそろそろ受付を済まそうか。

※『はい』を選択する前に必ずセーブを分けておきましょう(警告)

推薦状を渡して受付終了。
最初にノルベルトから貰った推薦状を渡したらどうなるのか見たかったぜ...

試験当日に必要な持ち物などが書かれているようだ。

さっそくアトリエへ帰ってリア姉と確認。

  • 試験会場はライゼンベルグの庁舎で10分前までに集合
  • 筆記試験二つの実技試験を予定
  • 持ち物は筆記用具、調合材料戦闘に必要なもの(爆弾など)
  • 不正行為が発覚した場合は即不合格

いいかげんにしろ!
フィリスちゃんが不正行為なんてするわけないだろ!

フィリス
「さて、要項も読んだし、これであとは試験を受けるだけ」

しかし試験に合格した後のことをまったく考えてなかったフィリスちゃん。

フィリス
「リア姉って...やりたいこと、ある?」

「そりゃもちろん」とリア姉。

フィリス
「ねぇねぇ、教えて?」
「教えてよー、ねーえー」

駄々っ娘フィリスちゃんかわいい。


あっ、ほんとだ...さすがリア姉!

リア姉
「試験に受かりさえすれば、これからもずっとお外にいられるんだから...ね?」

こんな綺麗で頭も良くて思いやりもあってお胸が大きいお姉ちゃんがいて羨ましい...
朝起きたら枕元にお姉ちゃんいたりしないかな...?(切実)

 

今回はここまで!
またpart19でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク

記事下広告336px


記事下広告336px


(´・ω・`)おすすめよー

1

魔女の泉3 攻略ページTOP>イラストコンテスト ども!プレーン加糖です。 今月4日から『魔女の泉』シリーズのイラストコンテストが開催されていますよ! 『魔女の泉』イラストコンテストの詳細 イラ ...

-フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~

Copyright© だらだらゲーム日録 , 2016-2018 All Rights Reserved.