だらだらゲーム日録

ゲーム情報・攻略・プレイ日記を中心にいろいろと…

Fate/Grand Order

【FGO】 終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン part18 【ラストエピソード】

更新日:

こんにちは!今夜の特番が楽しみなプレーン加糖です。

正月の詳細きましたね!

配布礼装可愛いなあ...この礼装、右上をよく見ると...(笑)

あと種火半額もきますね、何気にこれが一番うれしいかも。

他にも特別ログボやモナリザ礼装復刻。

そしてそしてメインの福袋!管理人はキャス狐狙いで術回そうかなと思ってる。

もし引けなくても三蔵孔明、☆4未所持も多いので術一択かなと。

まあお迎えしても素材ないんで再臨はまだ先になりそうですが...

スポンサーリンク

それでは前回の続き、そしてこの章のラスト、みていきましょうか!

【ラストエピソード】

――――――――――

アメリカの特異点修復後の、ロマンとダヴィンチちゃんのとある会話。

そんな状況でも逃げ出さず戦った主人公を褒めるロマン。

「この分でいけば、あっという間にカルデアを代表するマスターになるぞ、彼は」

「それなら少しは事情を説明すべきでは?」とダヴィンチちゃん。

しかしそれは出来ないというロマン。

「ドクターがそう判断したのなら、私も秘密に付き合うさ」

魔術師ではない”普通の人間”の主人公が、カルデアに来てくれて良かったというロマン。

「それこそが人類の本当の価値であり、真価を示すのではないか」

かつてソロモン王はそう信じ、ロマンもそれを信じているという。

「それはどういう意味だ?最後まで冷酷だったってコトかい?」とダヴィンチちゃん。

しかしもっと単純なことだというロマン。

「人間という下積みがあって英雄という非人間になる」

しかしソロモンには人間だった時期がなかったという。

「彼に自由の意思は1秒もなかった」というロマン。

全てを見通す千里眼は与えられたが、それで視たものに対して意見することは許されなかったそうだ。

ソロモンとは王国をよりよく発展させるため、神と人々に作られた”装置の名前”だ、とロマン。

「ロマニ・アーキマンになってからの時間は素晴らしいものだった」

「まさに、夢のような時間だった」とロマン。

偶然ではなく意図的なものだという彼。

ソロモン王の時代の人間は、今ほど柔軟な思考を持っていなかったという。

「ロマンの語源がローマ」だということには少し抵抗があるようだ(笑)

一瞬物憂げな表情を浮かべるが、「主人公がいるからいいんだ」というロマン。

そんなふうに思ってくれてたのか。

なんだよ、覚悟なんてとっくにできてたんじゃないか...

スポンサーリンク

「キミの十年」

「浪漫なんてどこにもない、その地獄のような自由(じかん)は、確かに報われた」

「彼はいまや一人前のマスターだ」

~~Fin~~

 

主人公たちの冒険はまだ続くと思いますが、これからあの男がいないと思うと寂しいな。

そして二部はいつから始まるのかな?気早いかww

何はともあれ「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」は今回で終わりです!

何事もなければ、次からはまたバビロニアpart44の続きをまったりやっていこうかなと思います!

それでは今年はこれで!来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)mペコ

スポンサーリンク

記事下広告336px


記事下広告336px


(´・ω・`)おすすめよー

1

魔女の泉3 攻略ページTOP>イラストコンテスト ども!プレーン加糖です。 今月4日から『魔女の泉』シリーズのイラストコンテストが開催されていますよ! 『魔女の泉』イラストコンテストの詳細 イラ ...

-Fate/Grand Order

Copyright© だらだらゲーム日録 , 2016-2017 All Rights Reserved.