だらだらゲーム日録

ゲーム情報・攻略・プレイ日記などをだらだらと綴る

Fate/Grand Order

【FGO】 第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア part64 【第20節 絶対魔獣戦線メソポタミア(Ⅰ)-2】

更新日:

ども!プレーン加糖です。

さっそく前回の続きをみていきましょう。

【第20節 絶対魔獣戦線メソポタミア(Ⅰ)-2】

ティアマト神を視認できる距離までやってきた一行。

どんどん進んでいくマシュ達だが、本体に近づくほどラフムとケイオスタイドの濃度が強くなっていく。

ラフムが大量に押し寄せかなりピンチ!

主人公に逃げるよう言うイシュタルだが、その時どこかから投擲。

どうやらギルス市で生き残っていた兵士たちが支援してくれたようだ。

しかしそれに気付いたラフムたちが一斉にギルス市へと向かってしまう。

言われた通り兵士たちを助けに行くジャガー。

主人公「ありがとう、荒野のジャガーマン」

いや、死ぬなよ...?

スポンサーリンク

兵士とジャガーのおかげでラフムたちの数は減ったものの、なかなかティアマト神に追いつけない主人公たち。

このままだとナピュシテムの牙を破壊されてしまうとロマン。

それでもなんとかティアマト神を捕捉、作戦を開始しようとした矢先...

黒牛くん登場。

ケツァ姉が牛若丸に気付かなかったら今頃マシュの首は飛んでたと思う(汗)

応戦するマシュ達だが倒せど倒せど増殖していくのでキリがない。

しかしここで...

弁慶「遅ればせながら、御免!」

ホントおせーよww

すでに傷だらけだが本人は絶好調だという。

「我が主の不始末、どうか拙者に任されよ!」

そう言うと牛若丸を捕える弁慶。

牛若丸「ええい、離せ、離さぬか!」

牛若丸「そうか、では私と共に死ぬがよい」

スポンサーリンク

弁慶を牛若丸ごと串刺しにするまわりの牛若丸たち。

「臆病者の貴様らしからぬ蛮勇だったな」

しかし弁慶の背中を押したものは”覚悟”ではなく”怒り”だったという。

弁慶「牛若丸様、その憎しみはティアマト神に与えられたものではない」

弁慶「...それが私には耐えられなかった」

弁慶「まこと天才とは悲しいもの、最期までずっとお一人だったとは」


「黙れ...!」といい、まわりの牛若丸に自分ごと首を刎ねるよう命令するが動こうとしない牛若丸たち。

牛若丸「坊主の説教など、今さら何の意味がある!」

そういうと宝具を解放する弁慶、するとティアマト神の権能から剥がれだす牛若丸。

牛若丸「弁慶、貴様なにを!」

弁慶「原初の海が相手であれば、我が名も些かの役に立ちましょう!」

弁慶「長き不在、どうかお許しくださいませ」


 

今回はここまで!

またpart65でお会いしましょうノシ

スポンサーリンク







(´・ω・`)おすすめよー

1

  【公式サイト】 よるのないくに2 ~新月の花嫁~ 公式サイト 【公式Twitter】 ガストちゃん Twitter 目次1 攻略2 プレイ日記3 その他 攻略 ミュベールの状態異常系クエ ...

2

ども!プレーン加糖です。 今日は、先月31日から昨日10日にかけて『アイドルマスター シンデレラガールズ』内で開催されていたイベント『アイドルプロデュース 夏島☆シーサイドLIVE!!』の話題。 今回 ...

-Fate/Grand Order

Copyright© だらだらゲーム日録 , 2017 All Rights Reserved.